乳児湿疹や様々なベビー用品|スマイルベビーライフ

赤ちゃん

赤ちゃん専用の布団

子供のために、親がしてやれることはいろいろあります。乳児湿疹のケアのための方法は、こちらで学びましょう。

赤ちゃんにとってベビー布団とは

赤ん坊

かわいい赤ちゃんの誕生はとても喜ばしいことです。赤ちゃんとの新生活を送るためには、いろいろなものを準備する必要があります。準備するもののひとつにベビー布団があります。赤ちゃんは1日のほとんどを布団の上で過ごします。ベビー布団は赤ちゃんにとって大切な生活、成長のスペースです。赤ちゃんの健やかな成長のために、より良いベビー布団を選んであげることはとても大切です。 ベビー布団を選ぶ時、注意しなければいけないことは、ベビー布団は大人のミニチュアではないということです。大人にとって気持ちのよいふかふかの高級布団でも、赤ちゃんに良いもものとは限りません。まだまだ未発達な、赤ちゃんのからだにあったものを選んであげる必要があります。

赤ちゃんにとってより良いものとは

赤ちゃんのからだは、骨や関節がまだまだ未発達で、これからたくさん成長していきます。そんな赤ちゃんが柔らかい敷布団に寝ていると、からだが沈んでしまい、骨や関節の適切な成長を妨げてしまう可能性があります。また、寝返りができるようになった赤ちゃんが寝返りをした時に、顔が沈み込み、窒息の危険もあります。大人にとっては気持ちよさそうですが、赤ちゃんには、ふかふかの柔らかいものは、避けた方がいいです。 また、赤ちゃんのからだは代謝機能も未発達なので、体温が上がりやすく熱がこもりやすくなっています。そして、逆にちょっとしたことで、体温も下がってしまうため、大人より薄めの掛け布団で体温を一定に保ってあげる必要があります。 そして、赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、刺激の少ない素材を選んであげることも大切です。

繊細な肌をケアする

赤ん坊

赤ちゃんの肌は大人と違い、非常に繊細です。皮脂の分泌が多い赤ちゃんの肌は、少しの汚れでも毛穴が詰まり、乳児湿疹などの炎症を起こしやすいのでいつでも肌を清潔に保つことが重要です。対処できない時はすぐに医療機関で受診するようにしましょう。

Read More

安全性が高い

赤ん坊

ウォーターサーバーは多くの家庭で利用されるようになってきています。特に赤ちゃんがいる家庭においては、粉ミルクを作ったり、通常の飲料水として飲ませてあげる際にもとても便利ですから、ウォーターサーバーの導入が多くなっています。

Read More

早めに治療する

赤ん坊

赤ちゃんは生後3か月以降、乾燥肌になってしまうことが多く、その原因として室内環境やアトピー性皮膚炎が挙げられます。アトピー性皮膚炎の場合、治療が長期になってしまい場合が多く、早めに発見して治療することで少しでもかゆみを抑えてあげましょう。

Read More